×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メニュー

Endless Battle 〜百花繚乱〜 完全版
登場人物紹介




・上野

本編の主人公。

物事の流れに逆らえず、成すがままそれを受け入れる傾向がある少年。

そのためか、色んな成り行きで、生徒会に入ることになってしまう。

今まで通っていた学校が廃校になってしまい、私立百花高校に転校してきた2年生。

大雑把のように見えるが、キチンと予習・復習するため成績は良かったりする。

得意な戦法は特になく、オールラウンダーな能力を持つ。




・目黒

上野と同じクラスの2年生。

おとなしいが、芯はしっかりしている少女。

1年の頃から生徒会に入っている。

小さい頃に異星人の襲撃によって両親を亡くしており、孤児院で育つ。

進学を希望しているため、普段から勉強、訓練を欠かしていない。

小柄ながら、大型の砲撃での支援を得意とする。




・神田

生徒会副会長の3年。

普段は冷静だが、根は熱い心を持つ少年。

サボリ癖のある会長に代わり、いつも生徒会の指示を出している。

バスケ部では上野の先輩でもある。

剣系の武器を用いた接近戦を得意とする。




・大崎

生徒会執行役員筆頭を担う3年。

物事を深く考えず、そのまま突っ走る傾向にある少年。

そのため成績も良いとは言えず、生徒会の中でも赤点組の常連。

空手部に所属していることもあり、生徒会唯一の格闘技経験者。

そのため戦法も、格闘主体のものとなっている。





・大塚

生徒会会計の3年。

基本的に常に冷静、生徒会のブレーキ的役割を果している少女。

あまり自分から公言しないが、実はいいところのお嬢様。

部活は吹奏楽部に所属しているが、それを活かす機会は少ない。

槍など間合いの長い武器を用いての中距離戦が得意分野。





・田町

生徒会書記の3年。

今時のギャル系の女子高生を地で行くような少女。

そのためもあってか、赤点組の常連。

このようなこともあってか、美術部所属に驚く人も少なくない。

ヒットアンドアウェイによる中距離射撃戦が戦闘スタイル。





・品川

生徒会書記の3年。

常に冷静だが、どこか捻くれている面がある少年。

典型的な理系ということもあり、文系科目が苦手で不遇にも赤点組常連。

鉄道研究会に所属しているが、本人はあまりその手の物に興味はない。

誘導型実弾系による武器での支援が得意。





・渋谷

生徒会執行役員の1年。

男勝りな性格で、1人称が『ボク』という少し変わった少女。

進学をするつもりだった、上野の通っていた学校が廃校になってしまったため、『百花高校』に入学。

地元の川でよく泳いでいたこともあり、水泳部に所属。

突っ込む性格ということもあり、接近戦が得意の模様。





・五反田

生徒会執行役員の1年。

いつも渋谷について行き、言うことを聞くという忠犬のような少年。

そのためもあってか、渋谷と同じような理由で『百花高校』に入学。

部活も渋谷と同じ水泳部のマネージャーとして所属している。

そんな性格からか、遠距離からの支援が向いている様子だ。





・蝶子先生

私立百花高校の女性教師。

上野と目黒のクラスの担任でもあり、バスケ部の顧問でもある。

そのためもあってか、何かと生徒会に力を貸している。

担当教科は数学、職務中は赤いジャージを身にしている。





・迦樓美ちゃん

私立百花高校の看護教諭。

外見からハッキリと分かるほどの、立派なオカマ。

特にイケメンには目が無い。





・音無先生

私立百花高校の男性教師。

常に冷静、且つ指導が適切ということもあり、生徒からの支持が高い。

戦闘実技科目担当。





・羅印

私立百花高校の用務員。

元は現場で戦っていたが、教師陣の一部からの助力を経て用務員をしている。

昔、何らかの事情により現役引退に追い込まれた様子。

「はじめに」へ  戻る  「序章」へ