×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メニュー

Endless Battle 〜百花繚乱〜 完全版
6月編あとがき

代々木の登場、羅印さんの活躍、そして『E計画』の浮上など物語のキーが色々と垣間見える6月編。

なので追加や修正はちょっと力入れたりしています。

では、今回の主な追加、修正点を挙げていきましょう。



・新キャラクター四ツ谷の登場、それに合わせたシーンの追加

・『両腕部Iフィールド発生器』の仕様変更

・代々木のスカウトシーン追加

・田町の下の名前公開



前回以上に細かな修正がほとんどだったため、大きな修正はこんな感じです。

では見ていきましょう。



・新キャラクター四ツ谷の登場、それに合わせたシーンの追加

新しく書き直すという時点で、このキャラクターの追加は決めていました。

というのも、せっかくの学園物を書いているのに上野の学園生活が生徒会活動しか描かれてないからです。

なので、目黒以外に彼の級友をどこかで登場させようと考えていたのです。

ちなみに名前の由来は某沿線の駅名から。

今後もどこかしらでちょくちょく登場させたいと考えています。



・『両腕部Iフィールド発生器』の仕様変更

この後の展開で上野の主力武器として定着するこの武器。

連載時には原作をなるべく再現した形で登場させていたのですが、その時点で使い勝手が難しい武器だったので、

もう少し使いやすい武器にすることにしたのです。

まず、通常のフィールド展開時には時間制限を省きました。

それだけだとチート武器になってしまうので、『シャイニング・フィンガー』使用後はその腕はしばらく展開不能ということに。

これで連載時に比べて書きやすくなったので結果的に良かったかと。

あと、『シャイニング・フィンガー』という技名も連載時は上野がつけた名前でしたが、元々つけられていたという設定に変更。

オリジナルのEB内でも『両腕部Iフィールド発生器(シャイニング・フィンガー)』という名前だったので、妥当な展開になりました。



・代々木のスカウトシーン追加

ちょくちょく話している、幻のツクール版で追加しようと考えていたシーンです。

連載時にそのいきさつだけ触れていたので、何かしらでもう一度作る時にはこのシーンを描こうと思っていたのです。

その結果、神田と池袋の後に繋がるような展開を描けたのでやって正解でした。



・田町の下の名前公開、それに伴うシーンの追加

今回の名前の公開は田町です。

名前の由来は、元々田町はギャル的な性格という設定だったため、「ギャル=ア○ラー?」という古い思考から、

その発祥となったアーティストの方からいただきました。

字は、一発変換で出たものをそのまま使うのは味がなかったので一文字一文字打って変換したものから適当にチョイス。

割とありえそうな名前なので、自分の趣旨としては合っているかと。